スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカではもうじき銀行口座からお金を引き出すことができなくなります。 日本や世界や宇宙の動向 2015年12月15日

日本や世界や宇宙の動向 日本や世界や宇宙の動向



 アメリカではもうじき銀行口座からお金を引き出すことができなくなります。



日本や世界や宇宙の動向 2015年12月15日10:24

 これまでも、以下のような情報は流れていましたが。。。いよいよその時が来るのでしょうか。

 ネット上ではアメリカで年末に何かが起きる(テロや金融崩壊など?)と言われていますが。。。

 バンクホリデー(銀行の休業日)には預金者はATMからも預金を引き出すことができなくなるそうです。

 バンクホリデーを設定するために、銀行に対する偽旗サイバー攻撃を演じるそうです。アメリカもいよいよギリシャのように取り付け騒ぎが起きるのでしょうか。

 南シナ海での米軍と中国軍のにらみ合いはあくまでもNWOの戦争ゲームの一環ですから、アメリカも中国も周辺諸国のことなど一切考えていないのでしょう。オバマが空母を南シナ海に送り出したとしても、それは見せかけなのかもしれません。

 また、中国がEMPで米空母を攻撃したという情報が流れたことも、米中が戦争をしたくないために、空母を南シナ海に到達させないための自作自演だった可能性もありますし。。。

 何しろ、南シナ海での米中睨み会いをしていたとしても、中国軍やロシア軍はアメリカ国内で市民を抑圧するために米政府や米軍に手を差し伸べているのですから。。。

 NWOを巡ってはBRICSも欧米も水面下では歩調を合わせているのでしょう。

 I MFによる人民元に対する優遇も全てNWOの準備のためではないのでしょうか。

 国連、バチカンが主導的に世界統一通貨、世界統一宗教、世界統一政府を実現させようとしているのです。

http://beforeitsnews.com/police-state/2015/12/key-bankers-told-bank-holiday-is-near-read-this-before-taking-money-out-of-the-bank-2620.html

(一部)
12月14日付け

A Bank Holiday is coming and it could be coming much sooner, than later.

 我々はもうじきバンク・ホリデー(銀行の休業日)に直面することになります。↑この写真のように銀行の前で長蛇の列を作って預金の引き出しをすることになるのでしょうか。もしそうなったら、段ボール箱の中で暮らすようになってしまいます。ホームレスはみな水と食料を与えてくれるFEMAキャンプに収容されることになります。

 FRBは偽旗サイバー攻撃を演じ、預金者のお金を強奪するでしょう。実際に2013年10月23日と24日にFEMAとDHS国土安全保障省はその時のために訓練を実施しました。

 2014年11月10日に、FRB,FDIC連邦預金保険会社、ロンドン銀行は、銀行が広範囲に及ぶ機能不全に陥った場合を想定した訓練を実施しました。

 2014年11月16日に、G20は、銀行の預金は預金者のお金ではなく銀行が欲しいときにいつでも使えるお金であると宣言したのです。

 2012年8月8日に、米第7巡回控訴裁判所は銀行は、預金者が銀行にお金を預けた時点で預金者のお金を所有するとした判決を下したのです。

 元米軍諜報部員によれば、最近、ニューメキシコ州アルバーカーキーでFRB主催の秘密会議が開催されました。この会議の出席者は欧米の大手銀行関係者たちです。彼らはみな、強制的に国家安全保障協定(非公開の規定も含む)に署名させられました。この協定では、秘密のリークを阻止するために、各銀行家は銀行家同士や家族とのやり取りを全てモニターされるとしています。

 そして、この協定に違反した場合は、個人の財産(銀行預金、不動産の権利書、その他)を没収し、法的手続きなしに、ただちに連邦刑務所に投獄され25年間の強制労働を強いられることになるとしています。この協定は銀行家らを米政府の諜報員に仕立てあげたということです。

 この情報はペンタゴンの司令部や米軍の諜報機関にまで知れ渡っています。

Who are the massive amounts of DHS acquired bullets for?

 DHSが大量の銃弾を調達したのはこの時のためだったのです。でしょうか。

 これは世界経済のリセット、世界統一通貨そして世界統一政府というシナリオに基づいています。

 しかし世界がこのようなシナリオで動くと、世界中の国々(特にアメリカや中国)で内戦が勃発するでしょう。

 ロシアのプーチンは、ロシアにおける彼のエネルギー利権や金融システムからグローバリストの影響をなくしたために、ロシアの内戦は避けることができるかもしれません。

 このシナリオで行くと、世界統一政府は中国ではなくロシアによってもたらされると思います。

 アメリカの東海岸でも、一定期間銀行が閉鎖されるという緊急事態を発生させた後に戒厳令を敷くための、外国軍との合同演習が密かに実施されていました(訓練状況は以下のビデオの通りです。)。その後、米東海岸で同じような秘密会議が開催されたのです。

(こちらのビデオはワシントン州で行われた米軍と中国軍による合同軍事演習の様子を映しています。)


ft knox 米中合同軍事演習は当初は人道支援を目的としていましたが、すぐに戦闘訓練に移行しました。なぜなら、彼らの訓練の本当の目的はアメリカ国内における米国民を抑圧するためのものだからです。米政府は、米国内で市民暴動が起きた場合に国連や外国軍から軍事支援を受けるために彼らといくつかの協定を結びました。

 我々は、もうじき銀行の休業日に直面するでしょう。その時にはATMも使えなくなり、人々は預金を引き出すことができなくなります。その結果、社会的な混乱が起き、市民の暴動を抑えるために軍が介入することになります。ジェイドヘルムでは重武装で大規模な軍事演習が行われましたが、これはアメリカで暴動が起きることを想定したものでした。つまり、その時が来れば戦車が銀行を警護することになるでしょう。

 銀行にお金を預けていれば安全であると考えている人たちはよく調べる必要があります。そしてどうしたら銀行口座から預金を全て引き出せるかを知る必要があります。

 S&Pはアメリカの8つの大手銀行を格下げしました。これらの銀行は既に破綻寸前です。
預金者が銀行の窓口に行き、預金の殆ど或いは全額を引き出したいと銀行員に伝えたなら、預金者は連邦金融法を破ったとして警察に逮捕されることになります。今では、このように、預金者が自分の口座からお金を引き出そうとすると犯罪行為として処罰されるのです。

 米連邦議会の議員たちでさえ銀行に関しては安全ではありません。共和党議員は彼の不祥事を隠すために銀行口座から預金(350万ドル)を引き出そうとしたら、不祥事を起こした件とFBIに嘘をついた件で、警察に逮捕され、実刑判決を言い渡されました。に送られることになりました。

Former Speaker of the House, Dennis Hastert, is headed to prison for taking his money out of his own bank account!

 近い将来、銀行口座から多額の預金を引き出そうとすると、逮捕される危険性がありますから、Y一日も早く口座から預金を引き出しておくことをお勧めします。

以下省略


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。