スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の義士と日本の義士の違い さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」 2015/12/15

日本


 韓国の義士と日本の義士違い



さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」 2015/12/15(火) 午後 11:01

 
イメージ 4
 独立三義士の墓(別名テロリストの墓。李奉昌・尹奉吉・白貞基。安重根は遺骨がなく台のみ)

-----------------------

 靖国爆破犯 韓国のネットで「カッコいい」「賞を与えろ」等

 急転直下とはまさにこのことだった。
 日に起きた、靖国神社南門付近の男子トイレ内で爆発音がした事件は、発生から約2週間経った12月9日朝、韓国籍の全昶漢(チョン・チャンハン)容疑者が建造物侵入容疑で逮捕されるという新展開を迎えた。全容疑者は犯行後一時韓国に出国していたが、この日、日本に再入国。羽田空港で身柄を確保された。

「警視庁は早い段階から、防犯カメラ映像とパスポート写真、通関時の画像を突き合わせて容疑者を特定していた。さらに宿泊していたホテルに残されていた煙草の吸い殻に残されていたと、神社内のトイレに落ちていた吸い殻のものが一致していたことが決め手となった」(捜査関係者)

 韓国世論のインターネットの掲示板に、こんな意見が論じられるようになった。「カッコいい」「愛国者だね。靖国を爆破しようとした精神を強力に支持する」「英雄だ」「政府は賞を与えろ」「スカッとする」「大韓民国の気概を放った憂国の志士を讃えよう」

 もちろん中には「卑劣なテロ行為だ」と、全容疑者を批判する意見もあったが、韓国世論の一定数は、全容疑者に好意的だったと判断せざるを得ない。

 他にも「尊敬します。次は私がやります」といったものや、どうせなら神社本殿を破壊すればよかったのに」と、被害が小さかったことを残念がる声さえあったからだ。

 そして中にはこんな意見も散見された。

 「安重根と同列ほどとはいえない」「尹奉吉、李奉昌義士も堂々と自分のしたことの動機を明かしたのだから、今回の彼も堂々とすれば良い」

 安重根、尹奉吉、李奉昌──この人は韓国では「独立三義士」として英雄視されている人物である。

 安重根は1909年

 10月に満州のハルビン駅構内で伊藤博文を暗殺した。

 尹奉吉は上海で抗日武装組織韓人愛国団に参加、

 1932年29日の天長節(天皇誕生日)に上海の日本人街で行なわれていた祝賀式典会場に手榴弾を投げ込み、日本軍人ら要人を死傷させる「上海天長節爆弾事件」を起こしている。

 李奉昌も同じく抗日武装組織韓人愛国団の団員で、1932年1月、東京で昭和天皇暗殺未遂事件(桜田門事件)を起こし大逆罪で死刑となった。(週刊ポスト2015年12月25日号)

--------------------

 「次は私がやります」「本殿を破壊」。こういうことを言うテロ国家からの入国は禁止すべきです。

 韓国がなぜテロ国家かというと、こういうことです。・・・

 日韓合邦した時、朝鮮は日本の統治によって年平均4%の成長率という世界最高水準の成長をしていました。その日本の統治に反抗して、日本人を処断する目的で上海に「大韓民国臨時政府」を立ち上げて日本人へのテロを実行しました。

 大韓民国臨時政府の金九の指示で、記事に書かれている尹奉吉や李奉昌が暗殺を実行しました。

 戦後、このテロ集団の大韓民国臨時政府を引き継いだのが韓国(南朝鮮)です。今も韓国の憲法前文には「韓国は大韓民国臨時政府を継承し」と、テロ集団であることを認めているのです。

 しかし、韓国はアメリカの占領から独立したので、この前文は連合国から認められていません。にもかかわらず、そういう事実を無視して「韓国は日本から独立を勝ち取った」という嘘物語を学校で教えているのです。

 だから韓国の教科書では、国際的にはどう見てもテロ実行犯を「義士」と呼んで正当化しています。

 これぞ「バ韓国ワールド」「バ韓国夢物語」といいます。

 しかし良識ある日本人の皆さんには韓国の「義士」と日本の「義士」の違いを知っておいてほしいと思います。以下、日本の「薩摩義士」です。

 木曽川の流れる濃尾平野は日本有数の穀倉地帯で、江戸時代には幕府直轄の公領地でしたが、水害が多発していたため木曽三川(きそさんせんの治水を薩摩藩に命じました。

 しかし、当時の薩摩は城下町で大火が起きた直後で、しかも財政が逼迫して、藩士達は「幕府の命令に抗議すべき」という意見が出ました。

 しかし家老の平田靫負(ゆきえ)は「四海同胞と申し、およそ日本国中の人々は、皆我らが兄弟同胞である。
 皆等しく天子様の赤子でござる。
 我らが同胞の難儀を救い、朝廷の赤子を助け参らするは、仁義を経とし、忠孝を偉とする薩摩武士の本分でござらぬか」
と言った。

 平田に説得されて947名の藩士が宝暦治水に取りかかりました。しかし工事は難航を極め、幕府役人に隠忍自重を強いられ28人が自刃しました。過酷な労働で赤痢になって病死した者を加えると88人が犠牲になったのです。

 1年半後、この難工事を完成させました。平田は幕府の見分を終えて帰京する藩士を見送った後、自刃した。「住み慣れし 里も今さら 名残にて 立ちぞわづらふ 美濃の大牧」。最後のこの歌には一片の恨みも記されていません。

 濃尾の人々は薩摩武士の功績を称える記念碑を建立し「薩摩義士」と呼んで毎年祭りを催しています。

イメージ 1

薩摩
薩摩義士碑(鹿児島市)


イメージ 3
治水神社(岐阜県 祭神:平田靫負)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。