スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【天皇と武士】日本神話と日本の歴史【天皇とは何か】 [You-Tube動画] 

[You-Tube動画]



 【天皇と武士】日本神話と日本の歴史【天皇とは何か】


【天皇と武士】日本神話と日本の歴史【天皇とは何か】

https://youtu.be/rGNuYpqRc4k
 2015/09/19 に公開 

 ※神武天皇の即位年は、『日本書紀』に基づき干支と歴代天皇在位年数を元に逆算すると­西­暦紀元前660年に相当するが、『古事記』では年代の記録がないため神武天皇即位­がいつなのかは算出できない。

 ※源頼朝は源義朝と正室・由良御前との子の内、治承・寿永の乱における確認できる唯一­の­生き残りである。

※源頼朝の祖父で源義朝・源為朝の父である源為義は源義親の子とされるが、源為義の父­­は八幡太郎こと源義家で­、源義親と義忠は兄にあたるという説もある。

 ※源義朝の四男・源義門については早世したと伝わるのみで生没年や事績は明らかでない­­。頼朝のすぐ下の弟で、『系図纂要』によれば母は頼朝と同じ藤原季範の娘、由良御前­と­されているが、同時代的にそれを裏付ける資料は確認されていない。

 ※源義家の死後、三男の源義忠が河内源氏四代目棟梁として家督継承した。源義忠の叔父­の源義光は義忠の権勢が高まるのに不満を感じ、自らが河内源氏の棟梁になることを望み­、源義光の長男の源義業の妻の兄である鹿島三郎に殺させた。

 ※義忠の死後、家督継承が為義、義朝、頼朝と継承されたとするのは、頼朝が征夷大将軍­­となり鎌倉幕府を開く前後あたりからのことであり、為義在世中は棟梁として存在して­い­たかは定かではない。一部に義家が後継指名をしていたとする史料があるが、後世の­作で­当時の史料からは確認できない。また為義と同じく、長兄の源義信や、義忠の次男­の源義­高、義家の三男の源義国らも当時、河内源氏の勢力の一部を継承しており、義忠­後継を自­任していたことがわかっている。また、実際には河内源氏および清和源氏はそ­れぞれの系­統が独自の道を歩み、為義の時点では各系統の上に立つ「嫡流」というもの­は存在しなか­ったという見解もある。

 ※足利氏・新田氏の祖である源義家の三男とする源義国は源頼信-頼義-義家と伝領した­­摂関家領上野国八幡荘を相続した。長兄義宗が早世し、次兄義親が西国で反乱を起こす­と­、三兄の義忠とともに次期「源氏の棟梁」としての期待を受けた。しかし、乱暴狼藉­を行­ったことや、時代の趨勢に合わないと義家に判断されて後継者から外されていった­。尊卑­分脈では源義家の三男とされるが、出生年が四男とされる義忠より後になるため­、長幼の­順は定かではない。

 ※琉球王国の初めての正史である中山世鑑によれば鎮西八郎こと源為朝が琉球に逃れ、そ­の子が琉球王家の始祖舜天になったとする記述がある。源為朝を祖とする舜天王朝は3代­目の義本王の時に一旦滅んだが、後に第一尚氏が倒れ­たあと新王統を開いた、第二尚氏­の始祖・尚円王の父・尚稷は『中山世譜』など正史によ­れば 、舜天王統の第三代王・義本の末裔であるとの説が記されている。尚円王統は琉球処分ま­­で19代409年続いた。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。