スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野党は選挙協力よりもまず国会質問で共闘して見せろ 新党憲法9条 2016年1月4日

天木直人のブログ


 野党は選挙協力よりもまず国会質問共闘して見せろ



新党憲法9条 2016年1月4日

 きょうから国会が始まる。

 メディアは白熱した論戦を期待したい、などとおためごかしの報道をしているが、今度の国会ほど論戦が不毛に終わる国会はないだろう。

 なぜか。

 追及すべき問題が山ほどあるのに、論戦の日程が極めて限られている。

 参院選が決まっているから会期の延長はなく、6月1日までだ。

 おまけにサミットをホストするから、5月末の国会は開かれない。

 しかも3月末と4月末には安倍首相はそれぞれ北米と欧州を外遊する。

 1月の国会は補正予算に集中し、新年度予算の本格的な審議は2月からだ。

 こんな事で、どうして野党は安倍自公政権を追及できるというのか。

 そして国会質問が始まれば、自公の国会議員の八百長質問が優先され、貴重な質問時間を奪う。

 野党が安倍自公政権を効果的に追いつめられるとすれば、その唯一の方策は、野党が国会質問を分担して共闘するしかない。

 ところが、これまでの国会質問を見ていると、野党の議員は自らの宣伝を優先し、同じような質問を競っている。

 とくに、参院選挙が迫っている今回の国会では、その傾向が顕著になるだろう。

 野党は選挙協力の前に、まず国会質問で共闘せよ。


 というよりも野党協力と国会質問の共闘は表裏一体だ。

 国会質問で共闘できないようでは、選挙協力など夢のまた夢だ 

 (了)


 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。