スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生は、自分のために生きる時間は与えられていない。 伊勢ー白山 道 2015-12-29

伊勢ー白山 道



 
 人生は、自分のために生きる時間与えられていない



伊勢ー白山 道 2015-12-29 10:53
Weblog

「人はどんなに金持ちでも関係ありません。
私たちが入る墓の大きさは同じです。謙虚に生き続けましょう」

1回映画に出れば100億円とも言われるハリウッドスターが、このように言っていたと読みました。
墓の外見は様々な大きさだとしましても、故人が入って占めるスペースは皆同じです。

コノ世のモノは何1つも持っては逝けないのに、私たちは何を悩むのでしょうか?
「もともと何も持たずに生まれた」
「もともとゼロだった」

そして途中で色々な荷物を持とうとして悩み、自分が持てないことを悩み、
そしてまた、誰もがゼロになってアノ世に戻って逝くのです。
やはり、私たちはコノ世に遊びに来たんだと思って置きましょう。

今朝に感じましたことは、
「人生は、自分のために生きる時間は与えられていないのが真相」
だということでした。

多くの人が成功したい、幸福になりたい、金持ちに成りたいと願いましても、なかなか成れない秘密がこれで分かります。
「自分のためだけに生きようとするからだ」ということです。
これにより、すべてに逆向きのブレーキが掛かる法則が存在しています
「自分の思うように成らないのです」

家族のためでも良いし、仕事を通じて他人のために生きる、社会のために生きる、・・・・・何でも良いのです。
植物の花は、自分のために懸命に咲いているのでしょうか?
やはり見られることを意識して造化されていると感じます。
「他のために」一定期間だけ懸命に咲くのです。そして散って逝くのです。

自分のためだけに花が咲いても、それでは美しさは出ないのです。
他のために懸命に咲いて、必ず散って消えて逝くからこそ一瞬の美しさ・美が存在します。
自然が人に人生を教えてくれています。

「人生は、自分のために生きる時間は、もともと与えられていない」
だから、
「自分のためだけに生きようとすれば、寿命が縮む」「心が病みだす
だから、
「誰かのために、何かの目的のために、懸命に生きようとして見ましょう」

そうしますと、「すべては与えられる」
「コノ世で自分に"持たせて"貰えます」

このような視点も見方も有ることを、心に置いておいて今日を楽しみましょう。
懸命に生きて見ましょう。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。