スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・遺跡を通して伝えられている「富士山の噴火」 zeraniumのブログ 2015年12月27日

zeraniumのブログ


遺跡を通して伝えられている「富士山の噴火


zeraniumのブログ 2015年12月27日 (日)

  解析の結果、テオティワカンとローマ・バチカンが、富士山の噴火と地殻変動を強く促していることが分かったので、富士山噴火の関連を見直しして説明をします。

 富士山噴火への再考

  日本の文明は、屋久島の巨石群遺跡の状況からは、これまで8540年前以降に広がり始めたものと考えていました。
そして藤原京の箸墓遺跡の解析では、ギザと同じく、1万1360年前まで日本の文明が遡れる可能性があることを教えてくれました。
これに合わせて世界の状況の見直しをしました。


  ここまで調べた中で、テオティワカンが富士山の噴火を促すイメージを送り出している事と、バチカンがイースター島の情報を隠すことをより重視していることが、こちらの予想を越えるほどであることがわかりました。
それで新しい遺跡の情報をお知らせする前に、富士山の噴火が、世界中の遺跡を通してより強調されるほど重要であることを改めてお伝えします。

   現在は、エジプトもバビロンのイラクもイスラム圏になっており、残された「光速度側」はインドとアジアです。当時の人々が求めた高度な文明の情報の公開は、一神教の宗教(キリスト教やイスラム教)の支配的影響のために、人々の間にうまく浸透せず進展できない状況にされています。そうした情報を広める努力も、砂漠に水をまくような虚しさがあり、一度社会の常識として、教育を通して人々の中に定着したものを変えるのは、いかに困難であるかという現実が重くのしかかっています。

  ですが学術的世界では、もう少し客観的事実という物が重視されるかと思ったのですが、検証の難しい分野では、ほとんど期待出来ないというレベルである事も明らかになりました。

  これまでも、「彼ら」が(災害を引き起こすために)地殻変動を望んでいるのは間違いないとわかっていましたが、(専門分野の学者たちが動かないという)これらの現実の前に、それが意味している事の重大さを改めて教えられています。「バチカンの呪いのサークルの中心」が何に向けられているのか長い事分かりませんでしたが、その焦点がイースター島であることが分かってみて始めて、「彼ら」が地殻変動のリスクを実際に利用している事が明確になりました。

  地震科学も、地球科学も検証の難しい分野です。
   電磁気(の膨大な被害が放置され)軽視されるだけでなく、すでに地震予知の技術はあるにもかかわらず、地震予知は現在の科学では不可能であるなどとした根拠のない話が、科学者自身から出てくるという驚くような現実があります。このような状況では、こちらの公表する地震予知に対して耳を傾け、信頼する人はほとんどいないといってもいいでしょう。

  地震の専門家である学者達は、電磁気、電磁波を科学として十分に評価することなく、この部分に対する自らの客観性を持たないままに、自分たちの間で多数決で真実を決めているのです。現実の自然現象の何割かを実際に無視し、現在の科学でもプレート型大地震については、明らかに可能である地震予知を出来ない事としています。この種のあってはならない一方的な多数決による可決は、遺跡の論文が統計的事実を挙げているにもかかわらず、それを簡単に無視してしまえる一番の理由です。

  彼らのこうした在り方は、すでに科学の進歩を大きく損なっています。
   私達は恣意的に運用出来る査読システムよりも、客観性の確保の方が科学の進歩を促す上で、より重要である事を理解するべきと思われます。科学の世界でありながら、正しさや真実ということではなく、多数決という権力闘争が勝っている現実を、客観的な本来の科学へと変える必要があります。しかし遺憾なことに、現実の科学の世界は政治の権力闘争と何ら変わらない姿なのです。

  次の大地震が起きてしまってから、予知が出来ていた事が分かって広まったとしても、残念ながらそれでは遅いのです。本に載せる予定であったこの関連部分を説明する必要が生じたと思うので、改めて富士山の噴火と地殻変動について、分かりやすい説明を試みます。私達の行動の結果は世界にも影響すると思います。

  テオティワカンが求める富士山の大噴火は、実際に起こりうるものです。
   頂上の火口ではなく、宝永火口の様に横から噴火する可能性が高いのです。今の状況では山体の上の部分が重しになるので、その分大きな爆発力で噴火を起こし、上側の山体を吹き飛ばす可能性があります。この被害は恐ろしいものになり、ハザードマップの範囲を大きく塗り替えることになるでしょう。

  私達はこの様な可能性と、正面からまだ向き合えていないのです。
   このことを「2の12乗根側」に指摘されるのは、そのリスクの高さを公表されている事と同じなのです。起きる事を脅しと取るのが一般的ですが、こちらの科学としては可能性が否定出来ないという事実であり現実です。

  そして恐らく大噴火の場合、フィリピン海プレートが大きく動くので太平洋プレートにも影響が及び、地殻変動の発生を早める結果につながるでしょう。この状況であるからこそ、テオティワカンが富士山の大噴火を求めるのです。

  地殻変動のリスクを伝えるイースター島の情報では、マントルが溜まっていることが大きな地殻変動につながるという実際の現実があるのですが、専門家は誰もそれについて調べようとはせず、そんなことは経験したことはないとして無視されている状況です。しかも、そこにマントルによってできた世界一の大きすぎる山が現実に存在するというのに、その事実はまったく無視されています。

  この部分をイラストで修正してみたので参照下さい。
   山を作っている条件が崩れると、そこからマントルがあふれ出してくるだけの話です。今の科学では説明できない海底の川や、構造線の状況を考えてほしいのですが、これは正直一般の方には難しい相談でしょう。この部分は順番に進んでゆく科学の進歩に合わせることになりますが、こちらの地震予知の現実が理解されてから後に変わっていくでしょう。

  ですが、いつまでもこの状況のままでは困ることになるので、今のうちにまだ出来ることとしてそれに関連した情報を説明します。古来日本では、神官としての天皇が神社と協力することで、必要な未来の情報を得ていました。遺跡に組み込まれている情報とはそのようにして得られたものであり、それが4160年の地殻変動や、富士山の噴火リスクがあるとされる2015年~2049年です。

   この種の情報が意味のない物であれば、かつての日本の高度な文明が数々の遺跡を通して、これほどまでに同じ情報を伝えていることはあり得ないでしょう。しかも遺跡に組み込まれた『4160年』の表現は、「光速度側」のギザやバビロンなど世界の複数の遺跡と同じです。しかし、それに込められたメッセージが我々に向けられた現実的なものであることを、私たちはまだ認識することができないのです。

  向き合わなければいけないリスクは、今すでに目の前にあるのですが、多くの人の理解に届きません。もしこのまま、テオティワカンの望む富士山の大噴火が起こるならば関東は壊滅状態となり、その後の日本の状況は、国家として形を保てるかどうかさえも分からないほどの大きなリスクです。

  2011年の311地震により、日本の地震活動が活発になっており、今年に入って火山の噴火が増加しているという現実をみな感じていると思います。この地震の影響により隣にある地殻のバランスが再調整を始めており、南側や北側では大地震のリスクが上昇しています。それが北海道側になるのか、房総沖になるのか分かりませんが、確実に大きく動く時が来るでしょう。遅くても数年先だと思われますが、それほど長い時間を先延ばしにすることは出来ないでしょう。

  こちらの地震予知の公表データは、単に当てる為に出している物ではありません。科学としての理解を求める事もありますが、もう一つ重要な事があるのです。地震予知のデータを見ると、地震の震源地の近くに微弱地震の震源が集中しています。この震源分布は地下の歪みを表しており、地殻の動きやすさを示す情報です。

  これを見ると、データの図の斜め右下に向かって地殻は動いています。
   これからわかることは、それに対してイラストの上側のポイントを使って、この動きをもう少し水平に向けることが出来れば良いということです。つまり、地殻が動きにくい部分に衝突するので、その移動量を減らすことが出来たはずなのです。イラストで見てみて下さい。少し南側のポイントで地震を起こす事が出来れば、2段階に分かれた地震に出来たと思われます。ただ本震側の方がどう見ても動きやすいことは確かであり、ここを動かすにはより大きなエネルギーが必要でしょう。


  地震を震源地の左斜め上で起こすと、起きるべき本震をこの方向に動かしやすくなるはずです。壊れやすい所から地殻が崩壊するので、2段階に分かれる地震になるか、あるいは時期が大きくずれて分散するかの変化が生み出せるはずなのです。

 つまり、「現実の地震は、地震の発生メカニズムに従い、その起き方に干渉が出来るのです。」



 地震を起こすだけの電気的エネルギーの確保と、その注入技術が確立していれば、実際にこの状況を作り出すことが可能であり、(311のように)あれだけの大きな地震になる事はなく、2回に分散出来たはずなのです。しかも津波の高さを減らす事にもなったはずで、揺れも小さく出来たでしょう。たとえ揺れる時間が少し増えたとしても、揺れによる破壊力は小さくなったはずです。

  311の地震をあれだけ大きな物にした原因は、地殻の歪みに加えて太陽のXフレアという現象が起きたことで、地球に電磁誘導を通じて大きな電流が広域で同時に流れたからです。地電流の上昇も記録に残っている現実です。これがなければ、前日の前震の様にM7クラスの連鎖で済んでいたのではないかと思われます。統計的には雨が降っても大地震になりにくく、震源への電流の集中を阻害出来れば効果がある様です。

  この電流の流れるタイミングは、太陽を計測することで予想出来るので、このタイミングで電流全般の分散と、予定したずらしたい震源位置への集中が必要となる状況です。

  科学は必ず進歩するはずであり、近未来ではこれに似た対処が出来る状況に到達出来るでしょう。ただし、それができるようになるまで、富士山の噴火がそこまで待ってくれるかどうかは分からないのです。

 古来、日本人は神事を通して未来を読むことができた

 神事で地震を調整出来るという話は信じられないかもしれません。
   ですが神事をする彼らの公表する情報が、今の地震予知の技術よりも優れている部分を持っている事は明らかな現実です。遺跡に込められてあるように、あの世の存在達には過去の長い経験と当時の文明の科学技術の知識があるので、これが可能であると思います。

  一方、今の現状の科学では、大きな地震が起きるデータが出て来たとしても、それを避けるためにできることは、単なる避難をするくらいしかなす術がありませんが、神事の延長を考えるならばまだ出来ることがあるのです。こちらからは一通りを科学として螺旋(らせん)の力で説明することができますが、電場の回転する量子場が出てくるので一般の方には難しいかもしれません。あの世という高次元ではこの種の力が使われていますが、その正しさはこちらにとっても経験的な範囲に入る現実です。

  遺跡を通してわかることは、富士山の火口が多くの物に重ねられており、それは三宅島の火口も同様です。これを単なる、現代の私達に向けられたただの意味のない情報だけだと思われるでしょうか? 奈良も大阪も70度の直線を町に配置していますが、5千年前に起きた富士山の大噴火の時、それにどのように対処したのでしょうか? この方向に富士山があり、願いを向けることが出来ていたでしょう。この当時は火山灰型の大噴火にはならず、AD864年頃の貞観噴火の様に、数年間続くマグマ流出型の穏やかな噴火に出来ていたのかも知れません。同じ事が現在の私達にも必要なのです。

  当時の時代から人々は神社へ行き、年頭の初詣に始まる願いをしていたと思います。これらが単なる気休めであり、無力なことであると考える人は少ないと思います。もちろん自分の意識を高めるためにしていると思う人が多いとは思います。ですがそれだけのことで、日本人の大半が神社へ出かけるまでになる物でしょうか。

  当時の人々は、(願かけという)そうした行為に現実的な影響力のある事を知っていたのでしょう。これは日本古来の宗教です。つまり、ここで言いたいことは、当時の遺跡に込められた4160年の地殻変動の年の設定に見るように、神事を通して多くのことが知らされ、当時の人々はあの世の存在と協力することが出来ていたということです。

  これが、遺跡に残る現実です。
   ADが何年前のいつに決められるかなど、現代の概念では全く分からないとしても、そこに答えがあります。遺跡は今の現状よりも前に存在しているものであり、彼らは未来が計画できるものであり、創り出すものであることを教えてくれています。彼らはこの世の計画として関与出来るからこそ、外れるリスクを覚悟の上で、その場合への備えも準備し、遺跡にAD4160年の地殻変動の起きる年を西暦として組み込んだのです。

  大地震の発生予想データが出てきた時にすべきことは単純です。あの世の存在達がこの世に関与出来るのはエネルギーを通じてであり、この種のエネルギーで地震の調整をしたいのです。どこに調整のための地震を起こすべきかなど、彼らの経験と相談し、エネルギーを送るタイミングなどの調整方法を決めて、出来るだけ多くの人の力を借りて祈る必要があります。

   単純に初詣のつもりで、自分のいる場所から祈るだけでも良いと思います。
   彼らと協力して祈ることが重要なのです。タイミングだけでなく、どの方向へ向けて祈るか分かる事までが重要です。私たち自身がまさにエネルギーの塊の存在であるがゆえに、私たちが発する想念も螺旋(らせん)の力の一部である事を近い将来証明するつもりです。まさにこれが、流用可能な種類のエネルギーの提供なのです。

  7300年前に起きた、鬼界カルデラの噴火は大きなエネルギーの解放であり、神事で規模を小さくするのは難しいケースであったと思われます。科学の進歩に従い、こうした状況でも出来ることがあると思いますが、今のところどちらも万能ではないようです。ただ私達は、まだこの種の現実を知らないだけなのです。

  311の時には、(事前にわかっていながらも、)少人数の神事ではエネルギーを分散出来なかったという現実があります。そうしたエネルギー的現実も、将来いずれ科学としての証明が必要ですが、対処すべきエネルギーがXフレアにより大きくなり過ぎたのでしょう。地殻が大きく動く時には、彼らとともにに多くの人々の協力が間違いなく必要です。地震予知の情報は、人々に大きなエネルギーの動きを伝えます。この時には、起きて来る大地震の状況を多くの人々が理解出来るので、社会のための対処に協力出来るはずです。

  地震には発生メカニズムというものがあるので、311と同じ種類の大きなプレート型地震であれば、間違いなく、すでに公表した手法で予想出来るでしょう。つまり、浅い部分の大きな地震ほど明確なのです。

  富士山の噴火に直結している東海地震を始めとする、フィリピン海プレートの地震など、大きな物にはこの種の調整が必要だと思われます。
  大きな地震になる物をそのまま受けとめる必要はないのであり、彼らと協力し自然と社会に優しい物へと変化させることができます。
  それが、富士山のマグマ溜まりが大きく減圧されて、大噴火を起こさずに済む様に配慮出来るはずなのです。

  これらは神武天皇の時代には出来ていた事と思われ、この先科学が進んで霊的なことが科学出来る様になると、宗教とは本来どのようなものであったかの姿が分かるようになり、何が出来ていたかが分かる事になるでしょう。

 人々の不安と恐怖心が利用されて宗教がつくられた

  私達はあの世の事を知らずに宗教をかじり、神をおぼろげながら想像しているだけなのです。ここには答えがない分、不安心理を利用した恐怖で人心を操る宗教の出番が大いにあるのです。そうした支配を目的として行動する霊的存在もいるからこそ、「2の12乗側」の宗教(一神教)が成り立つのです。

  先史文明の存在が明らかになり、ホツマツタエなどに残されている情報が日本の古来の物であることが分かってくる時に、当時の科学の目は宗教をどのように見ていたかが分かってくるでしょう。「光速度側」の日本では、霊的存在達と協力して未来を考えていたのです。

  本来、あの世や霊というものは科学的なものではないとして否定する必要もなければ、人々を不安にさせるだけの、得体の知れない力を及ぼすだけの物でもなかったのです。霊とあの世が科学として理解されるようになると、私たちは霊的存在たちと協力協調し、調和出来るようになるはずです。

  地震予知のデータは、この協力協調をするための物でもあって、的中させて喜ぶようなことではなく、それは未来の役に立てるためにある科学であり、それがかつての遺跡の時代にすでに出来ていた事なのです。

   この情報が本になって公表できる頃には、もう少し詳細な科学的な部分と具体的な情報公開の方法まで書く事になると思います。可能な手段で公表しますので、出来るだけ多くの人の協力が得られればありがたいです。始めからたくさんの人の協力を得ることは難しいかも知れませんが、たとえ1%でも情報を耳にした人が協力して下されば大きな力になるでしょう。今ある現実から、彼らとの協力協調を学び、その後の調和のあり方につなげられるでしょう。

  宗教をあの世と霊の観点から客観的に科学することなく、得体の知れない物として残す事こそ現代文明の遅れの証(あかし)です。その結果、偽善的な権力者の利益と、一般の人々が支配される犠牲を生み出すのです。そこでは宗教が引き起こす戦争が利用され、人々が苦しむ中に恐怖による支配が確立してゆくのです。

  あの世の存在達は、現時点では人々の自立を促す事を優先している様子です。 
   例えばファティマの奇跡のように、当時の人々にとって神と思えるような御技を起こすことで、こうした情報は簡単に広めることができます。ですがそうした驚異は今のところ、人々の心を神々への依存に押しやることになるだけなのです。

  それが、神事をしている人々の活動が広まらない同じ理由と思われます。
   今の私達は、宗教的依存から目覚めて自立し始めるかどうかのレベルにあり、この種の神秘的な物を前にすると私たちは非常に弱いのです。ゆえに神格化されている存在達を批判する勇気は、普通の人にはあり得ないことであり、「光速度側」でも「2の12乗根側」でも、それが善いか悪いかなど考える余裕もなく、霊的能力を備えた存在達に簡単に隷属してしまいます。現実の世界においては、それが体質としてあの世の声を聞く能力を持った人々に共通する、独善的な普遍的姿です。

  この独善性の問題に気づいたところでは、対応した仕組みで対処している所もあり、その分信頼出来るのですが、一般的に、自分達の正しさを自分達で批判する部分はあまり機能していないのが現状です。人を神の様に見てしまうので、おかしいと感じたとしても内部で批判がうまく出来ないのです。明確な敵もいることから、闘争の渦中に人としての間違いが入り込まないという理由はありません。

  霊的存在達は、人間心理を利用した、この種の知識に乏しい「彼ら」の活動をあまり広めない様にしていると見ています。この点は出口王仁三郎氏などを例に引いて本で詳しく説明します。人が集まると権力闘争になって神事が権力に利用され、本来の神事が出来なくなってしまうのが歴史に見る流れです。この部分を解決するために、存在達は様々な宗教の実例を準備して今後に備えているようです。

 我々が依存ではなく自立する時、協力協調関係を生きることができる

  つまり、私達人間の側が情報を自己の欲に利用しない事が重要なことであり、公益のためになるとわかっていても、人として霊的な依存からの自立がないようであれば、必要な情報も与えられず、その関わりも長期間維持することは出来ない様です。人類に対しこの種の準備があるだけでなく、人を宗教、いわゆる神に依存させない対処が為されているとしても、現状では私たちは、大きなエネルギーの動きへの対処は困難です。

  こうした状況にある限り、私たちの祖先の人々が自立の中で調和していた関係にはなれないでしょう。一つには当時の人々と彼らの協調した計画次第でもありますが、今のまま私たちの祖先が遺してくれているメッセージの大きな警告を無視し、今の自分たちのあり方を変える事が出来ないならば、当然、満足な対処も出来ず、大きな自然の変化が私達を苦しめる未来を待つことになります。

   屋久島からリゲルの角度で見る富士山火口は2015~2049年ですが、橿原神宮と神武天皇陵が示す頂上部分への角度では2005~2055年くらいです。伊勢神宮の示す三宅島は2000年に噴火しており、数年に及ぶ島民の避難をもたらしています。遺跡は恐らく、この部分までを含めて警告していると思われ、富士山の噴火につながる動きがすでに始まっている事を明確にしているようです。

   2011年の311地震により富士山直下で地震が起き、マグマ溜まりがその影響を受けた事も明らかな現実です。ですからこの先の対処が重要な事は、誰にも簡単に想像出来るはずです。

   予想される房総沖の地震では、マグマ溜まりへの影響が間違いなく起きます。
    震源が311よりも富士山に近くなる分、影響も大きくなると考えて下さい。もし東海地震までが連動するとなると、マグマ溜まりにとって1707年の宝永噴火時の減圧条件を越える事態を引き起こし、この影響による噴火は簡単にハザードマップの想定外となるでしょう。ですから、そうしたレベルの対処では不十分な事は、状況として明らかな現実なのです。どうかイラストを見て考えてみて下さい。

   当時の房総沖の大地震は、1703年のM8.2であり、それが噴火の4年前に起きました。つまり、ここから当時の南海地震と東海地震、そして富士山の噴火が連動したと思われます。当時と異なる条件である311地震の発生により、日本の多くの火山が活性化している現状において、今回がどの様になるのか検討する必要があります。地震予知の技術から、明らかになっているプレート地震の連鎖メカニズムを検討し、連動する噴火にも応用して、現在のリスクを評価しなければなりません。1707年の宝永噴火に倣うだけでは不十分であるという事実を理解すべきです。

   ここに書いている事は、遺された遺跡から見た当時の人々の立場からの意見です。私は人としての自立を重視する立場をとっており、神事をする人々のそれは、霊的存在達の伝えたい事の方を何よりも重視させられる立場です。そこには人々と神々の立場の違いが現れているのですが、そこをうまくクリアできたその先に、私達と霊的存在たちとの協力協調と調和があります。それがこれから、私達の科学と文明に応じて作り上げてゆく部分だと思います。

  まずは、我々の祖先である昔の日本人がやっており、出来ていたことを、今の私たちができるようにそれをを取り戻すことからです。人間としての自立を目指しながら、なおかつ霊的存在達の意見を聞き、科学の進歩に合わせて、地殻変動が引き起こす激変から未来を守る事が重要なことです。その道において、先人達が私達に託した未来とつながることができます。そのとき、彼らから与えられた計画ではなく、私達が考えて作ってゆく部分になると思われます。

  日本において、地震や噴火の対策などの対処が上手く出来た時、世界の人々もそうしたあり方が善き未来を創ることを疑わないでしょう。「光速度の側」が過去の時代に築いたあり方に倣い、それぞれの文明がそれを取り戻していく重要性と新しさを求めるよう促せるのです。ここまでの流れが私達に託されていることであり、必要とされているように思われます。私たちは必ず、未来をこの方向に変えてゆく事が出来るでしょう。

 稲生雅之 イオン・アルゲイン


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

行雲流水

Author:行雲流水
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。